topacork|トッパーコルク
2/23

弊社のコルク植林への協力に対して、ポルトガル森林局から記念品をいただきました。コルクの原料となるコルク樫の表皮は高い自然再生能力を持ち、採取後約9~10年周期で再生するため、植林木そのものを伐らずに数度にわたって採取できます。この特性を活かして計画的に植林・採取・伐採を行うことで自然保護と素材供給を両立できる、エコロジー素材として注目されています。コルクは、資源の維持・継続利用ができるエコロジー素材です。トッパーコルクは、南欧・ポルトガルの豊かな大地で育まれたコルク材を原料に、現地のコルクメーカー数社と提携して製造。商品化の際は、日本の建築基準・仕様・志向など細かなオーダーを行うことで、日本の暮らしにしなやかに溶け込むテイストや機能性を持った、オリジナルな建材に仕上げています。トッパーコルクは日本の建築環境に合わせて研究・開発されたオリジナル建材です。Sustainable地球にやさしい、エコロジー思想を。トッパーコルクの商品トッパーコルクの商品※は、は、エコマークに認定されていまエコマークに認定されています。エコマークは、環境への負荷が「相対的に少ない」「低減できる」など、環境保全に役立つと認められた商品に付けられます。当社の下記商品は、(公財)日本環境協会による厳しい審査をクリア。環境保全の観点から、より良い商品をお選びいただく目安としてご活用ください。木質部に再・未利用材を100%使用ホルムアルデヒド放散速度5μg/(㎡・h)以下木材保存剤不使用エコマーク認定番号第06115001 号※エコマーク認定商品コルクタイルコルクシートロールコルク再生材料を使用・100%熱伝導率0.047W/(m・K)以下エコマーク認定番号第08123014 号※エコマーク認定商品炭化コルク〈コルダン〉約9~10年周期で約10回も再生

元のページ 

page 2

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です