topacork|トッパーコルク
12/23

4VOC基準適合特 長防防音・断熱床下地・断熱床下地材〈コルホコルホーン〉ン〉コルクの遮音性を活かした、生活騒音をやさしく抑える床下地材です。COH45N : 600×900×厚み10㎜ COH45N〈遮音タイプ 無塗装〉コルホーン45N● コルクタイル又はコルクフローリング(仕上げ材 厚み5㎜)   +コルホーン45N(防音床下地材 厚み10㎜)● 軽量床衝撃音LL-45をクリア。「天然のクッション」コルクと樹脂発泡体の遮音効果により、スラブ厚150時で軽量床衝撃音LL-45のレベルをクリア。階下へ響く生活騒音を優しく抑え、気兼ねのない「上下」関係をつくります。● 断熱・防振性もハイレベル。天然の高い断熱性能に加え、中間層に防振材を組み合わせることで床面に伝わる衝撃を効果的に吸収します。●〈コルホーン〉なら施工も静か。施工は簡単な接着工法で、ボンドとカッターナイフがあれば施工可能。作業も静かに行え、マンションなどでも階下・隣人へ迷惑をかけることもありません。さらに独創の技術で片面接着化を実現し、従来の両面接着方式に比べ、作業の短縮化に大きく貢献します。    F☆☆☆☆※コルクタイルの施工には使用 できません。※詳しくは巻末をご覧ください。コルホーン専用接着剤をご用意しております。5kg16kgTCE-4000F☆☆☆☆●部屋の隅まわり、上框、敷居、ドア下枠部との取り合いには、硬質コルクフェルト10mm厚(KF-10)をカットして際根太にご使用ください。〈コルホーン〉は、コルクならではの遮音性能を活かした床下地材。階下へ響く生活騒音を優しく抑えます。表面材にコルクタイル・コルクフローリングを貼ることで、足に優しく断熱性も高い、快適な床環境を実現。マンションリフォームにもぴったりです。遮音性能軽量床衝撃音スラブ厚150時、軽量床衝撃音LL-45 (推定値)に合格。807060464646606060265040302010631252505001K2K4K床衝撃音レベル(dB)オクターブ帯域中心周波数(Hz)JIS A 1419L-45等級線(トッパーコルクタイル 厚み5mm+コルホーン45N 厚み10mm)軽量衝撃585858383839新しい防音性能表記について2008年4月に業界団体、ユーザー、公的試験機関を含む「床材の床衝撃音低減性能の表記方法に関する検討委員会」から、新たな防音床材の表記方法が公表されました。現在使われている防音床材の「L-45」などの表記は推定L等級と呼ばれ、本来の建物の性能(空間性能)を表すL等級とは異なるものでした。この「L-45」を製品の単体の性能として表記するのは、あたかも「L-45」の製品を施工すれば、必ず建物の性能がL-45等級となるというような誤解もあり、今回新たに「床材の床衝撃音低減性能の等級( L等級)」が提言されています。ただ、「L-45]など従来からの表記がすぐにできなくなるわけではありません。また、防音直貼りフローリングは、一定の試験条件を満たしていれば、推定L等級のデータから L等級に読み替えることも可能であり、右記にその対応表を掲載します。※詳しくは、工業会WEBサイトをご覧ください。東亜コルクは日本防音床材工業会の会員です。http://www.jafma.gr.jp/日本防音床材工業会ホームページ製品群従来の性能表記(推定L等級)新しい性能表記床材の床衝撃音低減性能の等級(         )※ LL(Ⅰ)-4の読み方は「デルタ エルエル ワン 4等級」で、 LLは軽量床衝撃音低減性能を、カッコの中の「Ⅰ」は主に直貼りフロアを、最後の数字は性能等級を表します。この数字が大きい程性能が良いことになります。コルホーン45N+コルクタイル5mmLL-45 LL(Ⅰ)-4コルクタイル(厚み5mm)コルクフローリング(厚み5mm)コルクシートコルクシート防振材コルホーンLL-45COH45N : 600×900×厚み1COH45N600900厚み1厚み厚厚0906N4HOC00㎜㎜㎜COH45NCOH45NNN54HHOCC〈遮音タイプ 無塗装〉〈遮音タイプ無塗装〉装塗無プタ音遮10

元のページ 

page 12

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です